家の老朽化は新築かリフォームにオマカセ|増々快適な暮らしに満足

水漏れの種類と対処法

トイレ

トイレのように1日に何回も使う場所は劣化するスピードも速いので、いつの間にか水漏れなどのトラブルが起きてしまうことがあります。水漏れはそのまま放置しておくとカビが生えてしまったり、アパートやマンションだと下の階に被害が広がったりしてしまうかもしれません。そうならないためにも、トイレ水漏れに気付いたらすぐに対処するようにしましょう。トイレ水漏れにはいくつか種類があることを覚えておくと便利です。水漏れしている場所によって対処の方法も異なります。まず一つ目は、止水栓からの水漏れです。止水栓は壁の中か、床の下から出ている給水管に付いています。トイレの元栓である止水栓は普段触ることはないですが、水漏れに気付いたらまずは必ず止水栓を右にひねって閉めることで水が止まります。二つ目は、トイレタンクのフタからの水漏れです。水の流れる勢いが強すぎてタンクの中の部品が外れてしまうことが原因として考えられます。三つ目は排水管の接続部分からの水漏れです。タンクから便器への配管があるタイプのトイレは、この配管の接続部分から水が漏れてしまうことがあります。経年劣化で配管のパッキンが駄目になってしまうと、それが原因で水が漏れてしまうようです。この場合は、パッキンを取り換えればトイレ水漏れも収まります。トイレ水漏れの中には、素人が直すのは難しいこともあるので、自分では対処できないなと思ったら業者に依頼するといいでしょう。自分一人でなんとかしようとせずに、プロに頼んでやってもらうのも方法の一つです。